私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

・・・平成14年2月27日アップロード

8.土地出会い

  • いい敷地との出会い

数日経って設計事務所の小林さんのほうから連絡がありました。「早速土地を数箇所ピックアップしたので見に行きましょう。但し今回は見たところでいきなり買うとか買わないとかというのではなく、いろいろな土地を見ながらお話をするのが狙いです」とのこと。私たちも「これからゆっくりと土地を探す第一歩」と考え、見学に連れて行っていただくことにしました。選んでいただいた土地はいずれも今住んでいるところからほぼ30分以内でしたが傾斜地あり狭小地あり、更には飛び地のような敷地(一つの売り物だが地続きになっていない)もありで「探せば色々あるものだなあ」とすっかり感心してしまいました。土地を回りながら「こういう土地でもこうこうこうするとこんな風に有効に使えます」みたいな話をたっぷりと伺って、感心することしきりです。

一通り土地を見せていただいた後「まあ、最初にも言いましたが今日明日に買うって言う話ではないので今日ご紹介したのはあくまでも参考です。いろんな土地があって面白かったでしょ」などと話をしながら自宅の近くまで戻ってきたところで、「実は私たちも今朝のチラシで面白いのを見つけたんです。通り道だからちょっと寄ってもらえませんか?」とお願いしました。出発前に新聞の折り込みチラシを見ていたら、たまたま条件がよさそうな土地が出ていたので鞄に忍ばせてきていたのです。チラシを見せると「うーん、なかなかよさそうですけどこの値段はこの辺りの相場から見ると安すぎて怪しいですね。こういう条件のいい物件は架空の客寄せ目玉物件で、行ってみると『ここはもう売れた』とか言って実際には別の条件の悪い土地を売りつけようとするのが殆どです。現地に行ってみて『ここはもう売れました』といわれたらまずこのパターンですから、そのときはサッサと帰りましょう。」ということでした。なるほど、こういった手口でお客を騙そうとする人がいる限りはいつまでたっても不動産屋さんは怖がられてしまうはずです。現地に行くとお決まりのテントが建ててあって、いかにも不動産屋然とした人がテントの中にいました。

20年くらい前に造成して分譲した住宅地の中の一角がたまたま売りに出たとのことです。もともと家が建っていたのですが古屋だったので取り壊して更地にして売りに出していました。

売りに出ていた敷地のある住宅地の一角はこの辺りでも緑が多く残っている地域です。5分も歩けば見渡す限りの畑が広がっています。広大な畑の向こうに高層ビル群が望めるというなんとも不思議な景観です(この敷地の歴史的背景については追々説明することにします)。周辺の佇まいも落ち着いていて私たちはすっかり気に入ってしまいました。「気に入っちゃったんですけど、買っても平気ですかね?」恐る恐る小林さんに聞いてみました。さっき「これからゆっくりいい土地を探しましょうね」と言ったばかりなのに、急に目の前の敷地が買いたくなってしまったことが安直な感じがしたのです。「土地の形もきれいだし、家を建てる上では何も問題ないでしょう。北向きの土地ですが日当たりの問題は設計でカバーできます。何もないところから判断するのは不安でしょうから購入の意思決定の参考になるように簡単な建築プランのスケッチを準備しましょう。それを見て何となく「いけそうだな」と感じたら買ったらいいでしょう。今日のところは購入の意志を不動産屋さんに示してなるべく早く重説(重要説明事項のこと)を聞かせて貰った上でその先どう進めるか決めましょう。私もこのあたりの地勢について少し調べてみます。」ということになりました。早速不動産屋さんにはその旨伝え、交渉の第一優先権が私たちにある旨を確認する簡単な書類にサインしてその日は引き上げました。土地の見学会からの思わぬ展開に私たちは興奮気味です。こんなに早く土地が見つかるとは!!

  • しかし、このとき交わした覚書がすぐに大きな波紋を呼ぶことになるのです。

9.不動産屋にて

私の体験談に戻る

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。