私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

1.地鎮祭・・・床鎮めの儀式ともいい、敷地の守護神を祭って祓い清め工事の安全と土地の安寧を祈願する祭事です。

上棟式は省略される方が多くなりましたが地鎮祭はやはり縁起を担いでほとんどの方がやられています。
ちなみにうちの敷地は約20坪程度のとても小さな敷地なのです。
狭小地でのご計画の方もどうぞ安心してお問い合わせください。!

2.地盤改良・・事前に調査した結果にもとずいて最善の方法を選択します。詳しくは地盤調査のページを見て下さい。自宅の新築の際にはN値換算値10以上の支持層が出たので鋼管杭を施工しています。

中規模の建築までの地盤改良には表層改良、深層改良(柱状改良)、鋼管杭等があります。その状況に適した施工を行いましょう。土壌が軟質な腐植土にもかかわらず無理やり柱状改良を行ったり、不十分な支持層に鋼管杭を打ってもだめですよ!

3.基礎工事・・・地盤が軟弱で湿度が高い為杭工事に加え防湿と荷重の分散化を考慮しベタ基礎で施工しています。

構造計算をする場合の住宅の荷重をご存知ですか、固定荷重、積載荷重、積雪荷重といった静的荷重の他に風圧力、地震力、水圧、土圧といった動的荷重も考慮しなければなりません。構造や階数他諸条件によって異なりますが基礎には平均500〜1000s/uの静的荷重が掛かってきます。荷重を広く分散することの意味は重要です。

4.上棟・・・基礎の養生期間を取ったあとで躯体工事に入ります。いわゆる皆さんご存知の建て方ですね

大工さんはとてもよく頑張ってくれます。今はプレカットの技術が進化していて木造でも高い精度で建築が出来ます。ちなみに正面に写っているのは何故か私ではありません。さていったいどこにいるでしょう???

5.木工事・・・大工さんはみんな一生懸命やってくれますよ! 

ちょっと大胆なサッシを使ってみました。(右端写真) 高断熱・高気密住宅なのでサッシは全てペアガラスを使用しています。

6.気密測定・換気システム・温水パネル暖房システム・・・計画換気、全館暖房を行っています。

積極的に気密測定を行ってくれるビルダーはまだ少ないですが、スウェーデンでは家の気密性能がいわゆる基準法で義務付けられていて、当然計量換気システムも義務化されています。
7.給排水工事・電気工事・断熱工事・キッチン取付

断熱は外断熱工法計画換気システムを入れています。マルチメディア配線を採用したのですがプリンター2台に4台のパソコンのRAN配線は結局露出配線となってしまいました。

8.外壁工事・・・外壁の一部には珪藻土と木製サイディングを使用しています。

外壁はモルタル下地珪藻土仕上げ、一部ケミコウォールという防火認定の木製サイディング(右側写真)を使用しています。

9.内装工事・・・クロスにはルナファザーを使用しています。部屋により珪藻土と漆喰を使用しました。

内装には揮発性有機化合物の問題のないようルナファザー、室内用珪藻土、個人的に好きな漆喰をリビングの壁に使用しています。
計画換気を入れているので基本的には問題ないのですが、生活臭もほとんどなくまた外が雨でも室内は平均湿度40〜60%をキープしていてとても快適です。やはり呼吸できる壁材はとても効果があるような気がします。

10.衛生設備工事・・・給湯器取付、 足場解体工事、仕上げ工事・・・絨毯(カーペット)貼り
 
長尺のカーペットはクリッパー工法と呼ばれる工法で貼っていくのですがそのとき使用するニーキッカーという工具をこの時初めて見ました。(写真中央) 改めて言うようですが職人さんは皆、重労働にもかかわらずよくやってくれますよ!

11.完成・・・自宅の完成写真です。


詳細は監理業務についてをご覧下さい。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。