私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図


ご挨拶・・・
2002年がもうスタートしました。日々生活をしていると時間はあっという間に過ぎてしまいます。そんな長いようでとても短い人生を大切にするために日々起こる出来事・記事について感じたことや考えたことを率直にコラムとしてアップしようと思います。
難しいことは解かりませんので日常の出来事をとらえてコラムを作っていきます。


●2002年1月14日・・・今年の成人式は比較的平穏に。一部では警察ともみ合い7人が公務執行妨害で逮捕される荒れた成人式に。

今の若者をどう思いますかと聞かれたら・・・

私は現在39歳、お年寄りと若者の間の世代です。このページをご覧になっているのでおわかりだと思いますが、私は大学を卒業し企業に就職、そして大して考えていたわけではないのですが考えることがあって退社、小さな企業に転職し、そして更に考えることがあって自分でこの仕事を始めました。
どんどん世間の窓際に行ってしまった言わば社会の落ちこぼれです。
しかしたった39年ですが、それなりに苦労をし、勉強もし今を生きています。そこで一言・・・
今の若者を大きく見て率直に思うのは、私の20歳の時に比べればしっかりしているなと思うことは多いのです。しかし目的意識がなく、幼児性が抜けない、でも頑張っている、しかし礼儀正しくは無い、・・・などと思うこともしばしばあります。

今になって自分のときを振返ると居たたまれないほどに自分がとても恥ずかしい、常識の無い行動をしばしばしたものだと思うのです。今私が持っている常識感と若者のそれとでは当然違っています。しかしそれは社会経験の中で少しずつですが積み重ねて、はぐくんできたものです。私や私よりも年配の方は皆そうやって過去には苦い経験をしていてわかってやりたいと思っていると思いますが後は限度の問題です。行き過ぎた行為だからこそ許せないのですね。
しかしそれは全て本人の責任なのでしょうか。

やはり少なくとも半分は教育者/保護者としての親の責任だと思います。親は子や自らを生活していくために働かなければなりません。生活の為に仕事を優先するがあまり家庭を顧みることを怠けてしまったのでは・・・、子供は子供の事情があり、親は親の事情があります。皆が全て様々な理由があります。つまり理由など理由にならないのです。子に対する責任のひとつが果たせていなかったのかもしれませんね。自己の事情を優先することなく、又は、ためらい無く自己を犠牲にすることが出来るか。それもこれもで大変ですが、それが親に課せられる姿勢だと思います。成人までは子の不始末は親も同罪として責任を持って育てる。親として教育をする姿勢をまずは今の私たち親の世代がもっと自覚する必要がありますね。

そして20歳を過ぎ社会人となったら今度は半分は社会の責任だと思います。それは一体何かと言えば企業が人を育てることを放棄してしまう問題です。礼儀正しくない新人を1から育てるのは大変な費用と時間が必要です。そしてやっと社会人としての素養を身に付けたら転職してしまうのではとてもやっていけないと思うのは道理です。しかし企業は利潤追求と同じ位大切な役割を担っているのです。それが人材の育成です。私も名刺の出し方から教わって上司との同行、売り先の訪問等々随分会社には迷惑も掛け、又貢献もし、いろいろな意味で勉強させてもらいました。社会人として先輩から指導されたり、上司にフォローしてもらったりとそんな人間関係からも今思えば多く学んできたのだと思います。企業はその規模に応じた利潤の追求、雇用の確保、そして人材育成という社会的な役割、社会貢献を担う大切な役目を担っているのではと思います。

最近の世情は大変な不景気で企業は人員削減、リストラを行い、そして新規採用に対しては新卒は減少ぎみ、人材派遣による中途採用が多くなっています。それでは高校、大学を卒業した新人は一体どこで経験をつめばよいのでしょうか。バイトと正社員ではやはり意味合いが違います。社会経験を積ませ社会人を育てることが出来る経済力を持つ企業には大きな度量を持って社会的役割を担って頂きたいものです。新人のうちは馬鹿者でもやがては先輩として、上司としてそして経営者として社会に貢献することの出来る人になっていくのだと思います。企業も人もそんな部分に対してだけは滅私社会奉仕として、これからを担う者の為にそして自分も誰かにそうしてもらったように大切な役割を担っていることを思い出してほしいものだと思います。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。