私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図


住まい収納 ショールーム ローコスト 採光

住まいのアイディア 5・・・家庭内LAN配線

今回は具体的に電気図面をみながら、実際にどのように配線計画、メディア端子を使用するかをお教えします。

インターネットを行うのには様々なケースがあります。
1.デジタル電話回線ISDNを使用するもの 2.アナログ多線式電話回線ADSLを使用する 3.光ファイバーケーブルFTTHで行う
4.同軸TVケーブルCATVを使用する ・・・と主に4種類を考えておけばよいでしょう。

又家庭内でインターネットをする場合では
1.専用線で1ヶ所のみで行う 2.家族内で少なくとも2ヶ所以上で行いたい-無線も可
3.しかも動画など大容量のメディアに対応出来るようにしたい-有線

今ブロードバンドは変化が激しくどうして良いか分らない・・・そんな皆様へ

これから先を考えた最先端なメディア配線の一例をご紹介致します。
まずはLAN配線の基本についてご説明します。

家庭内LANは通常ピアtoピアと呼ばれるランダム対等配線が通常です。
これはルーターを仲介してそれぞれのPC(クライアント)が横並びでアクセス出来る方法です。
これに対しサーバー(主記憶PC)を頭にしてその下に各PC(クライアント)がぶら下がるのがサーバー型です。
しかしこれらはいずれもルーターから先のことでブロードバンド(インターネット)に関しては以下の基本形を覚えて下さい。

又家庭内LANの基本はスター型配線といってハブを中心にして平行配列に各PC(クライアント)が繋がります。
又ハブとハブを数珠のように接続していくことで理論的にはいくらでもPC接続が可能になります。
この方法をカスケード接続と言います。

つまり、ルーターを経由してからハブ接続すれば各PC(クライアント)同士の双方向通信が可能になることに加えて
インターネットについても1回線でありながら各PCがアトランダムにいつでもアクセスが可能となるわけです。

又、IP電話についてもスプリッターなどでアナログ化された信号を通常のアナログ回線分配器に戻してやれば
理論的には一般使用が可能となるはずです。
以上を総括し、実際に配線計画を考えたのが下です。

下は実際の電気配線の一例です。

基本はまず、メインとなるPCの位置を決めます。そこにCD22配管を引き込みます。CD22配管についてはブロードバンドをどの方法でいくか決定できない場合、又将来変更する場合なども考えられますので、出来れば余分に1〜2本敷設しておくと良いでしょう。昔は電話回線の引き込みはPCとは無関係にTEL親機に持っていきましたが今は全ての方がインターネットをしますので取り出し位置が異なりPCの位置となることに注意して下さい。これを間違えるといわゆる新築なのに露出配線となりますから気をつけましょう。

更に、つい最近まで以上についてLAN1〜?の端子板を作って対応していましたが、ここ最近になってようやく良い物が松下電工から発売になりましたので皆様にご紹介しておきます。

まとめてネット \19,500-
こうした電材商品では松下電工さんはさすがですね。だいたいほしいなと思ってから1年位待てば商品化されますし
ネーミングもユニークですね。これはルーターやONUなどに必要な電源コンセントの他にスイッチングハブが内蔵されています。
又TEL配線の分配器を内臓しているのでこの位置で配線も少なくコンパクトにまとめることが出来る・・・という訳です。

余談ですが我が家を建てる時にはこんな良いものは当然ありませんから、うちは配線だらけで悲惨です。/_\、、、

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。