私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図


住まい収納 ショールーム ローコスト 家庭内LAN

住まいのアイディア 2・・・今回は採光のアイディアについて考えて見ます。

@まずは側窓と天窓における実質採光の違いについて考えて見ましょう。

地球は球体で太陽の周りを公転しながら自転することによって春夏秋冬、朝〜夜があります。
地球から見ると太陽は東から昇り西に沈んでいきます。

太陽の光は地球に向かってまっすぐ平行に進んできます。従って下図のようなことが言えます。
実際に得ることが出来る太陽のエネルギー=採光と考えると、
実質採光は窓の大きさではなく地球と同心円の球面上の立体角を地上に投射した面積U=S/πd2
に比例することになります。

  U=S/πd2

上図は球面上に同じ大きさの窓がある場合の地上における立体角投射面積比率の違いを単純に表したものです。
いわゆる壁に付いている窓=側窓に対して、天井付近に付いている窓=天窓の方がいかに地上の投射面積が大きくなるかがお分かり頂けると思います。

つまり、単純に採光取得だけを考えるときは天窓のアイディアが実質的にいかに有効であるかを認識して下さい。

Aつぎに間取り性について考えて見たいと思います。
昨今日本では土地が高く、比較的狭小な敷地に家を建てることが現実として求められます。
敷地に大きな余白を設けることは現実的には難しく、隣家も接近した状態で建築することになります。
南側隣地にはいっぱいに家が建ち、日影となっている敷地に、いかに採光のとれる明るい家を造れるか、
そのためのアイディアを考えて見ましょう。

  
坪庭例

上プランは住宅密集地、しかもプライバシーが守りにくい敷地でありながら、採光を充分に取り込み、開放的に住まうことを目的に考えられた間取りです。いわゆるコートハウスと呼ばれる都市型住宅の一例です。

外に向かって開放する一般住宅とは正反対の間取りと言えます。
中に向かって開放することによって、生活動線はプライバシーを守りながら、外部の視線を気にせず、明るく開放的な生活空間を創ることが出来ます。

しかもこのプランは玄関ホールから見える坪庭を大浴室の坪庭としも有効に共有し、狭く暗くなりがちな玄関ホールを明るく奥行きのある空間にしています。

玄関には大きなウォークインタイプのシューズクロゼットを設け、物置代わりにもなる大収納を設けることで玄関ホールをすっきりとシンプルに使用出来るよう考えています。

間取りは実際の敷地の周辺環境や、住み手の生活習慣やお施主の価値観、優先順位によっても大きく変化しますので、千差万別ですが、以上のようなアイディアも参考にして頂ければ幸いです。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。