私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

・・・2002.06.13アップロード

I 10.コンセプト 住い創りでまず考えたこと

さて、ここまでは私たちが我が家を創る決心をしてから土地が見つかるまでのお話をしてきました。
ここからはいよいよ住まい創りに入ってゆきますが、設計の過程を便宜上3つに分けてお話してゆくことにします。
ここに挙げた3つの呼び名はコンピュータのシステム開発をするときに私が使っているものなので設計の用語としては適当ではないかもしれませんが、私の仕事柄この呼び方が一番しっくりくるのでどうかお付き合いください。
まずは簡単に3つの段階の定義を記しておきます。

  • @ 概念設計段階
    費用や建築技術などの現実的な懸念事項はとりあえずあまり意識せず、自分たちがどんな家が創りたいかの「ネタ出し」、及び住まいのイメージ固めをする段階
  • A 論理設計段階
    概念設計の段階で練り上げた「理想の我が家」のコンセプトを、費用や周辺環境も踏まえながら実際の建物の設計図に具体的にどう反映してゆくかを検討する段階
  • B 物理設計段階
    論理設計の段階で作られた設計図を元にいかに施工してゆくかを検討してゆく段階

簡単に述べるとこのような感じです。実際の作業はこのようにキッチリ線引きが出来るかというと決してそうではなく、むしろこの3つの段階(特にあとの2つ)が錯綜しながら進んで行く部分も多かったのですが、便宜上このように区切ることにします。

望みの敷地を買う算段がついて一時金を支払ったり、ローン会社と借り入れの相談をしたりと、土地購入に向けて準備は着々と進んで行きます。当然次は土地の上にどんな建物を建てるか考えなくてはいけません。
とにかく目の前にあるのは平らな土地だけ。
全く白紙の状態から考え始めるわけですが、私たち素人はどこから手をつけていいか全く分かりませんでした。
そこで私たちは先ず新しい家で自分たちがどう住まいたいかをイメージするところから始めることにしました。
(実際ここに至るまでにはいろいろな試行錯誤がありました)

以下が私たちの挙げた希望の一部です。

1.生活の中心にテレビを置きたくない。

2.食事の支度をしながらCDが聞きたい。

3.食事が終わってもみんながいつまでも座っているようなダイニングがいい。

4.ご主人様専用の冷蔵庫が欲しい。

5.それぞれが個室を持つのではなく、オープンな空間のあちこちで好き勝手なことをやっているような寛ぎ方がいい。

6.寛げるのはソファーじゃなくてやっぱり畳だ。

7.収納は多いほうがいい。

8.大きな本棚が欲しい。

9.子供が小さいうちはダイニングテーブルで勉強して欲しい。

10.キッチンで家事をしながらリビングの気配を感じたい。

本当はもっとあるのですがざっとこんな感じです。こうやって並べて眺めてみると概念的なものだったりすごく現象的なものだったりとばらばらですね。でもこの段階ではこれでいいと思います(私たちは家作りのプロではありませんから、これを纏めるのは小林さんに任せたわけです)。しかしこんな希望リストでもぼんやり眺めているとキーワードがいくつか出てきています。「ダイニング」「食事」「寛ぎ」という言葉が多いし、キッチンや食事に関わる希望が多いのが分かると思います。つまり私たちは無意識のうちに食事中心の生活をイメージしていたわけです。二人ともくいしんぼなので仕方ありません。

そこで私たちが家を建てるに当たってのコンセプトとしたのは

生活の中心がリビング/ダイニングになるよう、目一杯居心地よくして欲しい。

逆に夫婦の寝室や子供部屋は「寝るための部屋」と割り切ってしまっていい。極端なケースではなくてもいい。とにかく子供が部屋に篭れないように「居心地悪く」して欲しい。

リビングにソファーは置かず、昔の家のように出来るだけ畳を敷きたい。

子供部屋にはリビング/ダイニングを通らないといけないようにして欲しい。

ダイニングテーブルは食事以外の事も出来るよう大きいものを置きたいのでダイニングは余裕を持った広さにして欲しい。

キッチンから家全体の気配を感じ取れるようにして欲しい。

最終的に設計に活かされたものとそうでないものはありますが、ここで決めた基本コンセプトは未だに意思決定の拠り所になっています。この時点ではあまり意識せずに「基本的な考え方」として小林さんに伝えた私たちの希望ですが、この先幾度となく行われる意思決定で迷った際、非常に心強い味方になるのです。物を作り始める前にネタだしはきちんとやっておいてよかったと今でも思っています。

11.間取り

私の体験談に戻る

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。