私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図


4熱損失係数  3地震と安全  2防音・遮音  1部材断面設計

勉強部屋 No.5

オール電化住宅について

@まずは電気料金について

ール電化住宅を行おうとする場合、最も大切なことはその料金体系を正確に把握し、果たして本当にメリットがあるかを自分自身で確認することです。
この料金体系を把握することでオール電化の80%は決まります。

電灯契約の方法・種類については3段階料金制/第2深夜/時間帯別料金制などユーザーには大変わかりにくく複雑な様々な体系があり、
とても説明しきれませんので要点を中心にご説明します。

皆さんの電気料金の積算は以下のようになっています。

 東京電力・電気料金メニューのご案内より

1.  一般に皆さんが深夜電力と呼んでいるのは電気温水器のみを専用線でメーターを分け契約する方法です。
    ここでは電気温水器用として別途に基本料金と使用料を払っています。

2. そこで時間帯別電灯契約と言って、まるごと家中の電気を時間帯別、つまり夜11時から朝7時まで(おトクなナイト8と呼ぶ)と夜10時から朝8時まで(おトクなナイト10と呼ぶ)
   2つの契約タイプに分け、それら契約時間に使用する電気は全て
70%
割引とする方式が出来ました。この場合基本料金は一つにまとめられより経済的になる訳です。
  但しずるいのが東電で
上記時間帯以外に使用する電力料金は3段階式でそれぞれ約5割増しになります。うすると日中の使用料が多いと必ずしも一般の深夜電気
よりも安くなるとは限らないわけです。


東京電力・電気料金メニューのご案内より

  1. 1  そこで最近になって新登場した契約が季節別時間帯別電灯契約(電化上手)という恐ろしく解かり難い商品なのです。
    11時から朝7時までの8時間は1kWh6.05円と70%割引は変わりません。又言い忘れましたがこの時間帯は3段階方式はとらずいくら使っても6.05円なのです。
    7時から10時/夕方午後5時から11時までのいわゆる朝食や夕方5時以降のひとときの電気消費を生活上必要とする計9時間は1kWh23.2円とし、ここでも通常の使用料に応じた3段階制をとらずに固定します。この料金は皆さんが契約されている従量電灯Bの電力量料金の1段階120kWhまでが16.41/1kWh2段階300kWhまで21.78円に対しほぼ2段階に匹敵します。
    10時までにそして夕食時間はIHヒーターなどで調理をして安い電気を上手に使いましょう・・・と言うわけです。
    したがってこれにはサブタイトルがあり電化住宅にぴったりのおトクな・・・と言ううたい文句がついています。
    そして最後にそれ以外の時間帯、つまり午前10時から午後5時までの7時間を夏季7月1日から930日とその他期101日から630日の2つに分け夏季1kWh34.85円その他期1kWh29.05円とこれも段階制をとらず一律とします。
    (オール電化)住宅に対しては全体から5%の割引があり、又更に5時間以上通電タイプの電気温水器を利用した場合は1kVAにつき230
    円割引されます。

    東京電力・電気料金メニューのご案内より

結論・・・つまりこの場合は共稼ぎなど日中家での電気の消費量が少ない家庭に向いていると考えられます。この場合日常の電気料金を含め深夜電気をうまく使用することでおそらくかなりのランニングコストが節約できるのです。皆さんはこのようなオール電化住宅に住んでみたいと思われますか。

A電気温水器について

但し上述、電化住宅のメリットは深夜にお湯を沸かす電気温水器の使用が根本にあることを忘れてはなりません。つまり電気温水器の利用がなければ意味が無いという事です。それでは電気温水器のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

1. ガス給湯機VS電気温水器について・・・電気温水器のメリットとデメリット

メリットについて

1.ランニングコスト・・・
電気温水器などの夜間蓄熱式機器を使用する場合で日中も一般に電気を消費する場合は、いわゆる深夜電力契約を行います。これは日常使用する電灯契約のメーターと別にもう一つ深夜電力用専用にメーターを取付けます。理由は前述のようにオトクなナイト8や10は昼間の電力料金がかなり割高になるためです。おわかりですね。純粋な湯沸にかかるコストと都市ガス(LPGは更に1.5)を比較した場合、コストはほぼ74%になります。・・・東京電力資料

2.電気温水器の機能・・・
2階給湯やシャワー等での十分な圧力が得られないというデメリットがあるわけです。しかし今では高圧型といってこの問題は解決されています。又温水器は給湯専用で湯張りも手動で行わなければいけないイメージがありますが自動お湯張りタイプも開発されガス給湯機とほぼ同じ機能を備えています。さらに給湯式の場合は沸かし直しが出来ませんが高温さし湯を浴槽内の循環金具から行い、沸かし直しとほぼ同等の機能を行います。沸かし直し=追い焚きは浴槽水を戻して沸かすので熱効率が悪く、実際には指し湯と効率はあまり変わらないと言われています。又フルオートの場合は水を自動的にさして温度を下げたり、減ったお湯を自動的に足したりもします。結論・・・機能的にはガス給湯機と比較して問題はありません。

3.温水器のタンク内のお湯の使い切りについて・・・
深夜電力専用の場合は夜
11時から朝7時を過ぎてしまうと電気が切られてしまいますのでお湯を沸かすことが出来ません。従って電気温水器専用深夜電力契約の場合には充分な貯湯量を持つ(470L)温水器が必要になります。これに対し時間帯別電灯契約(前述オトク8・10/電化上手)の場合は万が一使い切っても問題はありません。しかし日中の電気料金はこの場合逆に割高となるので注意が必要ですね。又タンク内にかなりの残湯がある場合はマイコン制御によりヒーターが入りませんから、使い方によってはお得です。

デメリットについて

1.設置スペース・・・
どうしても問題になるのが設置スペースの問題です。ヒーター式の場合は瞬間湯沸機いわゆる瞬間式と違い貯湯式となります。標準4人家族の場合で高圧型の場合は基本的に460gタイプが必要となりますので約ドラム缶半分の大きさとなります。しかし現在ではすっきりとした角型があり、屋外設置型が普及していますので敷地に多少の余裕が確保できれば何とかなります。

460gタイプ角型・H2200W630D730o/セット価格430.000-

2.価格について・・・
フルオートで
43万円/エコオートで38万円位です。従ってガス給湯機に比べると定価で10万円ほど高くなります。

参考までに
エコキュート・・・
今やオール電化の主流となりました。これは次世代の電気給湯でヒートポンプ式の湯沸器です。勿論全自動で水道直結タイプなので機能性は十分です。設置スペース が大きいのが若干の難点です。関心を持つ点としてはランニングコストです。電気温水器の1/3、ガス給湯器の1/41/5を実現出来ると言われています 。ここ10年でかなり広く普及し、価格もあっという間に安くなりました。定価は70万円 前後と高いですが・・・?。国からの補助金も、はや打ち切られて数年が過ぎます。

・・・結論

以上オール電化の場合は温水器を基本として位置付けた上で自分の生活にメリットのある電灯契約のタイプを決め、更にそれによって床暖房やIHヒーターなどの併設を考えて下さい。又これからは 、ガスによる個別家庭発電システム(エネファーム、エコウィル)などガス会社の巻き返しも考えに入れておかなくてはなりません。日本のように電力料金の高い国では必ずしも電気が王道とはいえないかもしれませんね ・・・?。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。