私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

 

構造計算の重要性について

構造計算・性能評価はとても難しい内容なのでその意味と重要なポイントについてだけ触れます。

@ 下記は9つの性能評価項目のもっとも重要で煩雑な部分となります構造における性能評価書のサンプルです。
       等級は1〜3までの3段階に分かれており基準法が等級1、以降順に2,3と性能が上がっていきます。

構造体性能評価チェック表

許容応力度計算による構造計算に基づく

□□邸新築工事 作成日 2001/□/□
用途 専用住宅 1階床高さ 0.753 m
規模 木造2階建て 軒高さ 5.300 m
地業 布基礎 最高高さ 7.998 m

〔構造の安定に関すること]                許容応力度計算法による
性能表示事項 評価基準 等級 倍率 結果
耐乗等級

(構造躯体の倒壊等防止)

地震により生じるカに対する構造体の倒壊のしにくさ

等級2 1.25 OK
耐乗等級

(構造躯体の損傷防止)

地震により生じるカに対する構造躯体の損傷の受けにくさ

等級2 1.25 OK
耐風等級

(構造躯体の倒壊防止及び損傷防止)

風により生じる力に対する構造躯体の倒壊のしにくさ及び構造躯体の損傷の受けにくさ

等級2 1.25 OK
耐棟雪等級

(構造躯体の倒壊防止及び損傷防止)
■該当区域外

屋根の積雪により生じる力に対する構造躯体の倒壊のしにくさ及び構造躯体の損傷の受けにくさ

等級1 1.00倍  対象外

A 次に下記は上表の性能評価をするために行った構造計算書の目次のサンプルです。

一見してお解りのように木造2階で約400〜1000ページに及びます。これは部材一本一本の軸力、曲げ、たわみ、めり込み等のそれぞれに許容応力度、許容たわみ以内であることを確認するためです。

構造計算書・目次

1. 一般事項 1-1ページ
1.-1 建物概要等 1-1ページ
1.-2 設計方針 1-2ページ
1.-3 使用材料及び許容応力度 1-2ページ
1.-4 仮定荷重 1-6ページ
1.-5 略伏図,断面図,床伏図 1-12ページ
2. 耐力壁の設計 2-1ページ
2.-1 耐力壁の配置と有効壁長及び許容耐力の算定 2-1ページ
2.-2 令第46条に定める壁量算定 2-3ページ
2.-2 -1 地震カに対する所要壁長 2-3ページ
2.-2 -2 風圧カに対する所要壁長 2-3ページ
2.-2 -3 令第46条に定める所要壁長に対する有効壁長の比率 2-4ページ
2.-3 水平カに対する耐力壁の算定 2-5ページ
2.-3- 1 地震カの算定 2-5ページ
2.-2- 2 風圧カの算定 2-5ページ
2.-2- 3 耐力壁の耐力算定 2-7ページ
3. 各部の設計 3-1ページ
3.-1 軸力 3-1ページ
3.-1-1 水平カによる耐力壁の応力 3-1ページ
3.-1-2 柱の長期軸カ 3-7ページ
3.-2 柱の設計 3-15ページ
3.-3 梁,桁,胴差の設計 3-24ページ
3.-4 母屋,垂木の設計 3-28ページ
3.-5 根太の設計 3-38ページ
3.-6 接合部の設計 3-43ページ
4. 基礎の設計 4-1ページ
5. 建物の転倒に対する検討 5-1ページ
6. 層間変形角・剛性率・偏心率の検討 6-1ページ
6.-1 層間変形角と剛性率 6-1ページ
6.-2 偏心率 6-2ページ

B 下は実際の構造計算の例です。

C構造計算は上記のような計算書-A4で400〜1000ページにもおよぶ膨大なものです。

現状、設計は意匠と構造に分かれそれぞれの別の設計士が意匠図を書き、その図面をもとに構造設計士が構造計算を行うことがほとんどです。

しかし本来構造計算で重要な仕事は計算結果から導き出されるNGの原因を判断し、単純に部材の断面を変更するだけではなく、全体の構造のバランスを考え、コストをかけずに有効な方法を考え出すことにあります。

場合によっては間取りを変更し耐力壁を設けなければ結果として安全性が確保出来ないこともあるのです。

つまりタイムリーに対策を考えながらその都度計算し結果を見ていかなければなりません。

通常NGは項目にして50位にはなります。

したがって私などは最終、構造計算を終了するまでには最低30回位の計算し直し(打ち直し)を行います。

もうお解かりになると思いますが意匠と構造を分けて考えることは、本来有り得ないのです。

構造計算から意匠図全般に至るまで一貫して設計を行えないと、適宜、適切に判断し設計全体を仕上ていくのは極めて困難です。

一般に木造の2階建ては法律上は構造計算をしなくて良いわけですが、私は全てに計算を実施しています。

特に構造の安全性は実際に計算してみないと本当のところは 誰も解かりません。

だから性能表示と関連付けて構造計算を行うことは、更に一歩進めて構造上の安全性を検証することになるのです。

表向きは大胆な空間でも、影では繊細に・・・計算による検証を行う重要性をどうか ご理解下さい。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。