私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

・・・平成14年2月27日アップロード

7.設計面談

  •  さまざまな設計士の方とお話して感じたこと

インターネットで候補先を絞ってからはメールで更に問い合わせを行い、面接する設計士さんを絞り込みました。実際に電話で直接話したりお会いしたりすることができた設計士さんは15名ほどです。実際にはウェブでの検索・メールでの問い合わせ・面接の3つの作業を平行して仕事の合間に行っていたのでこの時期はかなりハードでしたが、いろいろな方とお話しすることができて大変有意義でした。

一言に設計士といっても本当にいろいろなタイプの方がいらっしゃいますが、大別すると「学者系」の方と「現場系」の方になるようです。ここからはあくまでも私の受けた印象なのでこれが真実の全てだと誤解しないでください。

  • 「学者系」の方の場合、概してホームページは良く言えばデザイン的に洗練されていてシンプル、悪く言えば何を言いたいのかよく分からないものが多かったと記憶しています。実際にお会いして話をしてみると、いきなりコンセプトとか建築に対する思いのようなものから語ってくるか、こちらから聞かないと何も語り始めないかののどちらかでした。多弁な方もいらっしゃいましたが、総じて自分が喋っている事を私が理解しているかいないかにはあまり興味は無いように感じました。新しい素材や工法には非常に敏感でよく勉強されており積極的に取り入れようとする姿勢は非常に評価すべきと感じましたが、ややもすると目新しい素材や工法を採用してさえいれば偉いと勘違いしてしまいがちな方もいるなとの印象を受けました。繰り返しますがこれは飽くまでも私が受けた印象ですからこれが全てだと思わないでください。学者系でも立派な方は大勢いいるはずです。
  • 一方「現場系」の方のホームページはどちらかというと雑然としていて見栄えはよくありませんでした。更新もあまりされていないものが多く趣味の延長でなんとなく作ってみました的なものが多かったです。インターネットがビジネスの武器になると感じている方は少ないようです。しかし中には工法や価格についてそれなりに掲載していて、何とか分かりやすいホームページにしようという努力を汲み取れるものもありました。実際にお会いしてみると、大抵いきなり予算の話になります。どんな家が建てたいという話は殆ど抜きで「予算は?」「ローンはどこで組みますか?」「敷地はどれくらいですか?」「それでは坪あたり○○円でやらせて頂きますよ」みたいな感じです。建て売りの業者さんに近い感じですね。そして大抵の場合は私たちが土地から探していると分かると「それでは土地が決まったら又いらしてください」と相手にしてくれませんでした。でもこれなら工務店に直接頼めばいいわけで、設計事務所と話している意味がありません。

両方のいいところを集めたような設計士さんはなかなかいないものです。

そんな中でたまたま日曜日に嫁さんとインターネットを見ていて見つけたのが、今設計監理をお願いしている設計事務所さんです。ホームページにある電話番号に連絡して早速お邪魔しました。設計事務所の宣伝記事だと思われると癪なのでくどくど書きませんが、私たちの挙げた条件は全てクリアしていました。また、現在の住宅事情に対する危機感や住宅に必要な条件に対する考え方にも大変感銘を受けました。そして何よりお邪魔した事務所の雰囲気が良く「こんな家がほしいなあ」と思わせるものでした。

時間にしたら2時間くらいでしょうか、家族3人でお邪魔してたっぷりと住まいに対する意見交換をしました。私たちが土地から探している旨を告げると「それでは懇意にしている不動産屋さんも何人かいるので聞いてみましょう。実は本当にいい土地は広告に載る前に売れてしまうのですよ」といってくださいました。後から分かることですが、この時点ではまだ初対面なので私たちがどのような条件で土地を探しているかは言葉では伝えましたが十分ではありませんでした。これから一緒に土地を見て回る中で一緒に立地を含めた住まいに対する全体像を作っていくことになるのです。

<教訓>

  •  設計士の決定は住まいの設計の中では大きなイベント。必ず複数の方と直にお話して納得の上、どなたにお願いするか決めたい。
  • 工法や見栄えも大切だが、やはり最後は相性。相性が良くないと自分の思いが100%伝わらないうちに住まいが出来上がっていってしまう。

8.土地出会い

私の体験談に戻る 

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。