私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

・・・平成14年2月27日アップロード

6.設計士選び

  • 設計事務所を選ぶ時に考えたこと

マンション・一戸建て等当初予定していた全ての選択肢を潰しきった私たちには、もはや家を建てるにあたって「設計事務所による注文住宅」という選択肢しか残されていませんでした。

注文建築に対して何の知識もなく、手探りの状態で事務所探しを始めた私たちでしたが、逆に進むべき道が1本になったことで迷いがなくなり設計事務所探しは急ピッチで進むことになります。

インターネットやいろいろな雑誌で調べてみると同じ「家を建てる」という作業でも、どの事務所にお願いするかで出来上がってくるもののテイストは大きく異なるようです。そうと分かれば設計事務所を決定することは出来上がる家の方向性を決める重大な決定と言うことになります。これまでの情報の蓄積から、お金をかけた所謂「立派な家」は予算的に無理そうだと薄々気がつき始めていた私たちが設計事務所を選択するにあたっての基本条件は次のようなものでした。

  1.  敷地の選定から相談に乗ってくれること。また、その選定にあたってその敷地単独の条件だけではなく、周囲の歴史環境・自然環境も含めて総合的に判断する周辺知識があること。従ってできれば地元出身者が望ましい。
  2. 大規模な商業施設等よりもむしろ狭小地及びローコストの「住宅設計」に情熱があること。
  3. 私たちと感性が似通っていること。そして何でも相談できて家を建てた後も付き合っていけそうなこと。

これらの条件を満たしている事務所なら整形地よりも割安な変形敷地や狭小地等比較的条件の悪い土地が売りに出された際に瞬時にそこに建て得る住宅をイメージし、更に周辺環境も勘案した上で的確な判断が下せるはずです。土地は他のものと違って良いものにしろ悪いものにしろ世界に二つと同じものがありません。出会ってから短期間のうちに価格を含めてその敷地を総合的に評価し、買うか買わないかの最終決断を下すことが要求されます。この決断は例えどんなに正しくても時間がかかっては全く意味がないものなのです。

しかし、この中で私たちが特に重要視したのは最後の点でした。住宅という極めてプライベートな空間のプロデュースをお願いする以上、理屈ではなくフィーリングを大事にしたいと考えたからです。私たちが満足できる住まいを作ってもらう為には私たちの日常生活を包み隠さず設計者の方に話さなくてはならないでしょう。そのためには例えば下着の枚数さえも堂々と語り合えるような関係が理想だと考えたからです。

ここまで条件が具体的に絞り込まれると、実際に星の数ほどある設計事務所から候補先を絞り込んでゆくのはそれほど難しい作業ではありません。4つの基本条件を元に具体的に私たちが選んだ絞込みのキーワードは以下の通りでです。

  1. さいたま市若しくはこれに隣接する市に所在すること。(周辺地理に詳しい。又、キメ細かい打ち合わせが可能)

  2. 年齢は40代が望ましい。(感性が近い可能性が高いし、長期的にお付き合いし易すそう)

  3. 個人住宅の設計を主に手がけていること。(狭小・ローコスト住宅に関する知識がありそう)

  4. ホームページで情報発信していること。(お金はないが情報発信は積極的にやっていこうとする姿勢を買いたい。それに何よりこれがないと基本的にインターネットの検索に引っかかってこないので)

この条件でインターネットを使って検索し、結果30〜40件ほどの設計事務所及び工務店に絞り込むことができました。からは、個別にメールを送ってホームページだけでは分からない条件を聞き出していくという作業になります。

ここで、なぜ私たちがインターネットでの検索を設計時事務所の選定ツールに選んだかを簡単に説明しておきましょう。まず雑誌ですが、これは確かに発行されている専門誌も多く情報源としては非常に有効です。しかし雑誌に積極的に紹介されている事務所は雑誌社に何らかの形でマージンを支払っている可能性があり公平性を欠くと判断しました。また、マージンを払うような事務所は手広くビジネス展開している大きな事務所である可能性が高いので、本当に親身になって相談に乗ってもらえるか不安だったというのも除外の要因でした。

また、インターネットでのコンペ形式についても設計事務所と建て主の間にコーディネート会社が介在するため、マージンが介在する可能性を払拭し切れませんでした。但しいろいろな本を読んでみましたが設計事務所選びの方法はさまざまで、必ずしも私たちのように検索エンジンで調べるのが正しい方法とは言い切れません。現に雑誌を見て設計士の方に直接電話をしたり、建築プロデュース会社にコーディネートを依頼したりして立派な住まいを立てられている方は大勢います。

  • <教訓>

    雑誌などに掲載されている写真で「素敵だな」と感じた住宅を手がけた設計士の方とはフィーリングが会うことが多い。
    つまり建築には設計士の個性がよく現れる。

  •  とはいってもほかの人の話などを総合すると、設計事務所を決定する際には、実際に担当してくれる設計士との相性を重視したほうが結果的にはうまくいくよう。

 

7.設計面談

私の体験談に戻る

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。