私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

建築家に設計をたのむと高くつくのですか?

一般的にはハウスメーカー又は地域の工務店、ビルダー(中規模な建築会社と考えてください。)に依頼されるケースが多いと考えられます。
・・・こうした場合の設計料はいったいどのようにしているのかと言うと・・・

A:大手住宅メーカー(工場生産型)の場合多くは基本設計がすでに出来上がっているプランからお客様に選択してもらう パターンが多いので設計には改めて費用を掛けません。しかし建築確認は従来通り提出しなくてはなりませんから単に確認手続きだけを資格を持つ外部の建築士に委託するか又は社内で処理します。この場合は実質ほとんど設計コストは掛かっていません。

結論@しかしながら建築費全体の総額はというとそんなに安かったという話はあまりききませんね。それは工場の設備投資や人件費、開発コスト、宣伝広告費、展示場等の営業経費、現場への運送コストといった大企業ゆえの様々な経費が必要だからです。それを大量仕入れによるコストダウンや様々な合理化により努力しているわけです。しかし思うように販売価格を下げるのはなかなか難しいようです。そもそも大量生産による収益効率の第一条件には大量消費が大前提ですから、今後の建築棟数の伸びを考えるととても大変なことだと思います。またニーズの多様化にどう対応していくかも鍵となるでしょう。

B:大手住宅メーカー(現場生産型)の場合最近自由設計?が増えてきたので社内の設計部門で全てを行うか、確認手続きだけを分離して外部の設計に依頼するかです。この場合の設計料は当然生産原価の中に含まれてきます。したがってあとはその企業の内容、規模による利益の取り方で全体の建築価格が決まります。

結論Aプレハブメーカーと比較しての判断はいちがいには言えません。ただし、規模が大きくなればなるほどコストダウンをはかるための至上命題は仕様の統一化、標準化です。構造においてまで出来る限り規格化をするのは企業として当然のことです。したがって自由設計とはいってもそこに限界、難しさがあるのです。何よりもまず自分の要望にこたえられるかをしっかりと見極めることです。

C: ビルダー・工務店の場合会社の規模にもよりますが基本的には比較的自由度のきく業態です。多くは、社内で間取りまでの提案を行いあとは外注による設計に依頼します。この場合は建築コストの一部として価格に含まれてきますから実質その会社の利益の取り方で建築費全体が決まります。

結論B 一般には経済価格で出来ると言われていますが、資材の調達コストやその棟数からいってもそれぞれの職人さん単価をコントロールすることが難しく、かならずしも最近は安くなるとは言えないようです。

結論  …設計監理は高いか安いかと言えば…

確かに設計料だけをみると高いと思われるかもしれませんね。

@しかし設計監理は見積もりを厳しく詳細にチェックしますのでそれだけでも一般に提出される見積もりよりも少なくても10〜20%位は 優に安くなると思って下さい。
又設計士が内容を細かくチェックしますので程度を下げて安くするのではなく品質は維持されます。当初の見積りと比較されて驚かれるお客様がたくさんおられるのも事実です。
あまり、露骨なことは言えませんが、売価は売主の自由ですから買手にさえ、悟られなければそれを誰もとがめる者がいなければ自由ということですね。
行き過ぎのないぎりぎりで通れば、それが一番儲かる金額と言うことになるわけです。
最近では誠実に初めから協力して頂ける会社もありますので、実際にハウスメーカーなどとの交渉経験から、予想していたものと比べ、その差の大きさに又、10〜20%を大きく上回る結果に大変有難く喜んで頂けることが、実際には大変多いのが現実です。
この場合は設計料が載ってもまだ充分に安いという結果になりますね。

またもっと大切なことは
A単に金額だけではあらわせないもの、何よりもノウハウがあります。

(昔から建築家の建物は確かに何かが大きくちがいますね。個人差はありますが提案力と作品に賭ける思いは明らかに違います)

Bまた設計監理はいわゆる一般的な「設計+施工」では難しい、異なる立場で厳しく施工を逐次検査し指導しますので工事品質の信頼性からはこれに勝るものはありません。 施工中の監視や安心料というものは、直接金額に現れてはきませんが、現実にお客様が最も重視される点ではないでしょうか。

C施主にとって一番心配な追加請求に対しても審査、承認を行いますから安心です。

総合的に言うと極端なことは言えませんが追加請求に関しても上記同様のことが言えるわけで、少なくても10〜20%程度、場合によっては結構お得な買い物をした方は多いのではないでしょうか。

Dそして設計士と何度も打合せをかさねて創り上げた喜びは何にもまして 心に残るすばらしいものだと思います。

家はライフサイクルコストで考えるもの、納得して楽しく快適に暮らせてこそ本当に良い買い物と言えるのでは?

 関連ページモットー ローコスト挑戦 

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。