私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

・・・2002.06.13アップロード

J 11.間取り

住まいを建てる決心をして真っ先に考えるのは「部屋数はいくついるだろう?」ということではないでしょうか?
実際、私たちもマンションを探していた段階から頭にあったのはこの問題でした。
「子供が今現在一人いて、将来的にあと何人欲しいから部屋数はいくつ必要だな…。」こうして部屋数は単純に決めようと思えば決められます。
土地が決まれば建蔽率や容積率から建てられる建物の規模は自ずと決まってきますから、ここからキッチン・風呂場・トイレ・居間・客間などのスペースを差し引いて、残りを必要な部屋数で割れば「はい、出来上がり」です。

でもちょっと待ってください。本当にこれでいいのでしょうか?
部屋に特定の機能を持たせるということは、逆に言えば部屋の利用目的を限定することにつながります。
私たちの住まいは決して広いものにはなりえませんでしたから、私たちが先ず考えたのは一つの部屋をいかに多目的に使うかでした。「n−LDK神話」ともいえる既成概念にとらわれず、部屋を一つ一つ取り上げて本当にその部屋は必要なのかをよく考えるようにしたのです。
「『子供部屋』って言うけど、本当に子供に個室が必要な期間ってどれくらいかな」、「『客間』っていうけど座敷に通すようなお客さんなんて年に何人来るかな」、「トイレと風呂場が別々だけどこの二つが同時に使われる確立ってどれ位かな」、「一階と二階にトイレがあるけど本当に二つもいるかな」と、こんな調子です。
結果として我が家で使用目的が限定されている部屋は「キッチン」「トイレ」「洗面所」と「風呂」くらいのものです。
ついでに言うと私たちの住まいは一階に主寝室の他一部屋、二階は仕切りのないリビング/ダイニングの一部屋しかないので、従来の「LDK」に当てはめて言うなら「2DK」にしかなりません。

余談になりますが、自分たちの理想の家を語るということは突き詰めると自分達にとっての「家族の理想像」や「将来のあり方」を議論することにつながります。私たち夫婦もこの「ネタだし」を通じてお互いに「こんなことを考えていたのか」という驚きが一杯ありました。自分たちの生き方を真っ向から語り合うなんて照れくさくてとても出来ませんが、こんなきっかけでお互いの理解が少しだけ深まって、得した気分でした。

<教訓>

設計も建物と同じで基礎が大事。
迷ったときに帰れる「判断基準」を概念設計段階で時間をかけてでもキッチリ作っておいた方が後々スムーズ。

 

私の体験談に戻る

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。