私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

 

ユーザー車検の取り方を簡潔にお教えします。


愛車マイカーのシーマです

今や傷だらけとなってしまった愛車の呼び名はもっぱら皆には傷だらけのシーマ馬と呼ばれています。

◆@それではさっそく車検を取る前に以下の3点を確認しましょう

1. 現在の車検証の住所、氏名等実際と異なる点がないかをチェックして下さい。

2. 住所変更程度なら当日いっしょに行っても十分間に合います。

3. 車検以外で気になることは事前に車検センターに確認しておくこと

◆Aそれでは車検を取ってみましょう!

4. まずは必要書類…@その中でも自賠責は事前に継続しその新旧の証書を取得しておく

5. 次にA自動車税納税証明書の半券または原本を用意しておく

6. そして3つ目にB定期点検整備記録24ヶ月が必要です。
今までは整備点検120項目を事前に行っておくことが要件でしたが法改正後は点検項目が60項目に減り車検の後でもよくなりました。しかしながら現状の車検制度を考えるとむしろこの自主点検整備にこそ本来の重要な作業としての意味があるように思います。ユーザー自身で全てを完全に行うことが出来るかと言えば微妙ですがマニュアルに従ってやってみることもよいのではないかと思います。ただし、必要な部品(ブレーキパットやエレメント、もしくはタイヤ交換そのもの)等を考えるとここはきちんと業者に必要な整備を行ってもらう必要性があると思います。
又この費用は当然車検とは別途費用となります。

これは実際に車検を受けてみるとよく分かるのですが…、

かつて昭和26年に施行されたころは自動車も現在とは比べものにならないほど完成度が低く、民間整備工場も少なく、また道路の整備状況も悪かった為に公共の安全と、交通の秩序維持のために国が設備を整えて責任を持って実施する必要がありました。しかし今では車両の性能は格段に向上しその必要性そのものの存在価値が問われています。実際のところ車検では車両の不良点を根本的に指摘するためではなく、検査時その時点での制動検査や走行検査、排気ガス規制などを確認するだけで、しかも車検自体は仮に事後事故が発生しても何の責任も問えません。さらには流れ作業で一台あたりの検査時間は実質たったの5分です。実質上、国にとっては重量税を納めてもらうための儀式的な行事で、サービスとして車を点検すると言った程度のものに事実上はなってしまっています。実際日本における車の台数を考えればとても一台一台周到に検査し、例えばブレーキパットの減り具合により交換時期の確認など・・・までしていられません。又国としては個人の整備責任を代わって保証することなど、いちいち責任など取っていられません。車検を取ることと車を責任もって整備し管理することとは別なのです。また民間車検場、整備場の大きな収入源となってしまっている現在それをなくしてしまうことは社会的にも問題が大きすぎるのでしょう。…であればいっそアメリカのように自己責任において所有者と整備工場の資格者責任に全てを委託してしまったほうがよほど意味があると思いませんか?

余談でした

◆B現地に行ったらまず書類を買って下さい。
7. あとは現地で
C用紙一式を30円で買い(窓口で必要になる)
D重量税数万円(車両500kg単位で12,600円切り上げ)を窓口で支払います。
E手数料1400円を窓口で収めます。

8. F車検証と認印を忘れずに

◆C続いて実際の手続き上記◆Bと車両検査の受け方に入ります。

1. まずは本庁舎前の[手続きの流れカンバン]と[コース説明カンバン]に注目(行けば解かる)どの順番に庁舎を回るかを確認する。これがコツ

2. 続いて本庁舎に入り書類記載用のデスクに貼ってある書類の持ちまわり方表(一番目立つ位置のテーブルに必ずある)を一読する。これもコツ

3. そうするとだいたい流れがつかめるので別棟の陸運賛助会の建物に入り、ユーザー車検であることを次げて書類を購入。(セットになっている…@継続検査申請書A自動車検査票B自動車重量税納付書)
この賛助会とはいったい何者かと言えば、今話題の運輸族の天下り先の外郭団体、わざわざ庁舎を分けて稲いるところがみそ、本庁舎で一括して行えばよい業務をわざわざ委託している(同じ庁舎内で社屋を共用していると形式上まずい?)が実際は渡り廊下でつなげている。

4.この賛助会庁舎内で自動車重量税納付書と自動車検査票に必要事項を記載し(見本があるので代行など頼まなくても楽勝です!)重量税と手数料金額を支払い、その場で証紙と印紙をその書類に貼ってもらう。この際、自賠責の新旧の証書と自動車税(自動車税は県税、自動車重量税は国税で別なのです)納税証の確認をされます。

5. 本庁舎に行き継続検査申請書に必要事項を記入(見本を見ながら記入しますが書式はかなり簡略化されていてほとんど記入項目はありません。)

6.いよいよユーザー車検の窓口へ…先程の納税関係の書類一式と申請書を提出、この際定期点検整備記録の閲覧をされます。(改正後は本来車検後でもよいのですが一様ないとまずいらしい。ただし形式的にちょっと見るだけ…前記でも書きましたが本来は自己責任ですがこれが一番大事だと思います。)

◆D いよいよコースへ…ドキドキで〜す。

コースは必ず見学コースに行って下見をすること。周りは業者の人ばかりですから手間取って迷惑を掛けないようにすることは大事なマナーです。

1.同一性確認…検査官の指示に従いウインカー、ライト、ホーン、バックライト、ハザードの点灯を行う。その後書類を見せてボンネットを開けて終了

2. 検査工場内入場…ドキドキで〜す。
サイドスリップ確認…電光掲示板の進入の指示があったらゆっくりと進入、ただ進むだけ…サイドスリップの確認なので進入角度が若干曲がってもステアリングをそのままに保つことがコツ。(途中でステアリングを切ったりしてはいけないとにかくハンドルをじっと固定しておく)

3. 走行・制動確認…停止線へゆっくりと進み停止
(どちらかサイドにタイヤ前輪を写すミラー があるはずなので落ち着いて)
次に電光掲示板と音声に従いクラッチをドライブにいれ加速し40kになったらパッシングする。
(単なる走行性能検査なので40kまでぐっとスピードを上げればよい)
こんどはライト点灯、ハイビームでしばらく検査し、
(勝手に機械が行う)
続いて最後に指示通りブートブレーキを軽く踏み込む。
制動検査完了
・・・全て音声で指示があります。又ユーザー車検は解かるので、まごついていればすぐ係員が飛んできてくれます。落ち着いて・・・

4. 排気ガス検査…少し進んで停止し排気ガス測定用のプローブと呼ばれるホースの付いた棒を自分で車外に出てマフラーに差し込むだけ(ここだけは自分でやらなければなりません。前の人を見ていれば解かる簡単)、掲示板が検査終了を告げたら記録器に検査票を矢印方向に挿入しこれまでの結果を自分で打刻する。

5. 下回り検査…停止線まで進んだらギアをニュートラルにしてエンジンとも停止、掲示板の指示に従いブートブレーキを一回踏んで続いてパーキングブレーキをひきます。
振動板の上に乗るのでかなり揺すられるが慌ててハンドルなど握らないこと。
(ステアリングの遊びも検査しています。)

6. これで全て終了。
忘れずに記録器で打刻し検査官に書類一式を提出、総合判定OK

7. 本庁舎の検査結果窓口へ書類を提出3分と経たないうちに車検証がもらえます。

※繰り返しになりますが上記の流れ検査の前に必ず見学コースで下見をし、要領をつかんでおいて下さい。そうすればあっという間に終わってしまいます。

車検証の住所変更がある場合は

1. まず大事なのが所轄の警察署で車庫証明を取得すること。
必要な書類をもらい(無償)、必要事項・地図記入
(記入要領は見本が付いてくるので簡単)し、提出時その場で2600円の証紙を購入します。出来上がりに4日から6日かかるので注意

2. 最寄りの役所で住民票取得(必ず車検証の住所と現在の住所がつながるもの)

3. 自動車税納税証を用意

4. 以上をもって管轄の陸運局(住所変更は管轄局に限られるので注意)に行く

5. 賛助会庁舎で趣旨を告げて必要な書類を購入、ちなみに手数料込みで350円
このときに自動車税の納税を確認されます。

6. 本庁舎で見本を見ながら記入し窓口へ提出、問題なければほとんどその場で新しい車検証が交付されます。

所要時間10〜15分

以上で全て終了です。きちんと準備さえしていれば現地へ行って1時間も掛からずに終わってしまうのです。税金や保険を除けばなんと手数料は1400円で出来ます。半日会社を休んでもメリットがあるかもしれませんね。余ったお金で回転寿司でも家族サービスすればお父さんの株が上がるかも・・・?

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。