私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

 

2×4工法とその主な特徴

2×4工法の特徴.1

  
1階フレーミング全景…2×4工法の場合はこのように各階ごとに組み立てていきます。組み立てると言ってもフ゜レハブ(ユニット住宅)ではなくこのように現場で壁パネルを一枚ずつ大工さんが造っては立ち上げていきます。

  

日本の在来工法と決定的に違うのが上記の造り方になります。在来工法はまず骨組みとなる軸組部を最初に立ち上げ、それから壁を張っていきます。
2×4工法はご覧の通り低層階から各階ごとに壁を構築していきます。従って床、及び壁自体が構造体となるわけです。これに対し在来は柱と梁が主要構造体となります。これゆえ正式な建築用語では2×4工法は枠組壁工法、在来が軸組工法と呼ばれます。

2×4工法の特徴.2

上記の通り2×4工法では壁自体が構造体の一部を構成します。従って壁自体の強度が重要であり柱の口径はその壁の強度の必要性に応じて決定されます。

木造の柱の場合、材軸に沿った力を軸応力といい、材軸に直角に働く力をせん断力と言います。感覚的にもわかると思いますが繊維方向に対して直角の力、すなわちせん断に対しては弱く、柱の繊維方向の力、すなわち柱に沿って引っ張っても圧縮しても木は強くなかなか破断しません。 (材料強度でいうと材種や等級によっても違いますが平均すると軸応力に対する基準強度はせん断に対してほぼ10倍も耐力があります。)従って壁体に45p間隔に施工された半柱でも壁を構成する部材としては十分であり壁体一枚一枚が全体で鉛直荷重を受けるので太い柱は必要ないのです。又建物に対して横の力・地震や風圧力といった水平力は2×4の場合は壁を構成する合板の剛性力が負担しますから柱の弱点となるせん断力は直接単体で負担することは無くこのことも合わせ半柱で耐力は十分なのです。

圧縮・引張り強度
 

   圧縮基準強度・桧甲種一級…30.6N/mm2
         基準強度・杉甲種一級…
21.6N/mm2
引張り基準強度・桧甲種一級…
22.8N/mm2
          基準強度・杉甲種一級…
16.2N/mm2

せん断強度
      
せん断基準強度・桧
/種別無 …2.4N/mm2
          基準強度・杉
/種別無 …1.8N/mm2

Nニュートンは力学上の国際SI単位 1N(9.8m・s・s-2) 簡単にいうと1N9.8sで換算

圧縮や引っ張りに強い材料特性を生かして部材を経済的に統一化しほぼ大半の柱を断面が2インチ×4インチの半柱を使用していくことからこの工法が2×4工法と一般に呼ばれるようになったと言うわけです。

1階ホールダウン金物用アンカーの取り付き状況
2×4工法や木造3階建ての場合に使用される金物です。

2×4工法の特徴.3

2×4住宅や最近の木造軸組工法でも耐震性を向上させる為外壁下地に構造用合板を使用する建築を多く見るようになってきました。これは地震の主応力となる水平せん断力に対し建物の剛性を高めることによって抵抗力を増し弱点となりがちな接合部や柱に掛かる応力を全体で負担するようにするためです。そこで必要になるのがこの金物と言うわけです。

軸組構造は水平力(地震等水平力)により右図のような変形を起こす。しかし小規模な地震等では変形が弾性域(変形しても元に戻る領域)に収まる為、このように変形することにより逆に地震力を吸収しています。

建物の剛性が高くなると当然変形能力が低下し、上記のように変形による地震力等の吸収が出来なくなります。その場合建物は外力による水平力が回転モーメントとして作用します。建物の重量による逆回転の回転力(安定モーメント)の大きさを上回ってしまうとこの建物は回転してしまいます。この時、回転軸の反対側にあるに大きな引抜力が発生することになります。これを引っ張り返すのがこのホールダウン金物です。別名引き寄せ金物と呼ばれています。

取付位置は最も回転モーメントが大きい位置、すなわちなるべく端の方という訳です。

  

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。