私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

2004.01.03アップロード
2004.01.15更新/2004.01.上旬〜下旬までの分が新しく加わりました。
2004.02.16更新/お客様からの添え書きを頂きました。巻末へ

TM邸・工程詳細-2 TM邸・工程詳細-3 TM邸・工程詳細-4 TM邸・工程詳細-5 TM邸・撮影へ

以下逐次レポートはスクロールが長すぎると皆様にご覧頂くのに良くないと思い一端ここで締め新しくページを作成します。

建て方終了で一端締めるに当たりにお施主様から添え書きを頂きました。・・・巻末
少しばかり照れますが興味ある方はご覧頂けると幸いです。

T邸現場日記帳-.1 (地鎮祭〜上棟篇)


プレゼン段階での手書き外観想像図です。

  

これからの工事進行写真をお楽しみに、そしてお施主様のご協力に感謝します。
そしてご興味のお持ちの皆様にとって少しばかりのご参考になれば幸いです。

お客様のご好意により建築工程に従った工事の詳細についてタイムリーに解説付で皆様に公開致します。
是非、ご興味のある皆様、楽しくご覧下さい。

1.地鎮祭/2003.12.□□
  

@ご祈祷                             A四方清め            B榊奉納

地鎮祭は発注者、施工者、設計者全員が工事の安全と完成の無事を祈念してご祈祷します。

2.地盤改良/2003.12.中旬
 
@
地盤調査の結果、比較的安定した粘性土質の連続層という判定となりました。
従って深層改良となる柱状改良を選択しています。写真右は改良杭頭のレベル確認の状況です。

 
A現場に搬入された大量の固化剤の様子です。 改良杭頭(正確に言うと柱状に改良された柱頭です)

 
Bスクリューによって攪拌、噴出された残土を搬出し現場を整地して完了です。

3.基礎工事/2003.12.中旬〜下旬
 
@
根切工事/基礎底部に合わせて敷地を掘削します。
 
A防湿フィルム-捨てコンクリート打設-地墨けがき-型枠工事へ
 
 
B配筋検査/地中梁のフープ筋、耐圧版の配筋ピッチや継ぎ手の重ね長さなどをくまなくチェックします。
  
Cアンカー検査/建物と基礎を緊結する重要なアンカーボルトの位置及び埋め込み長さ等を全数チェックします。

さて2004年となりました。これからは実際の工事状況に応じてタイムリーに現場状況をアップしていきます。
お施主様のご協力に感謝します。そしてご興味のお持ちの皆様にとって少しばかりのご参考になれば幸いです。

(以下2004.01.15アップロード)
2004.01上旬
 

  
D中敷き用断熱ボード(上)/外気に面する基礎立上部には断熱材を型枠内に収め(上)コンクリートを打ち込みます。

 
E型枠ばらし・・・型枠は撤去の際きちんと清掃し出来る限り使用します。

 
F完了・・・Dで説明した敷込用断熱材が施工されています。そして立上部も同様に外周から内側1mを断熱補強します。

4.木工事/2004.01.下旬〜

以下2004.01.28アップロード
2004.01.下旬
  
@土台敷き・・・外気に接する基礎外周面には基礎用気密パッキンを敷き込みます。

A上棟/建て方
  
1階部分は手組みで行います。        運送2便・2階柱以上構造材搬入      構造材階上げ

 
ミニタワークレーン(トラッククレーン)            2階柱建て

 
2階柱建て方                                      3階柱建て方

 
小屋組(屋根組)建て方           棟木組み

  
羽子板金物取付              棟木組み                   ゆがみ直し(垂直を確認します)

B垂木施工
 

以下逐次レポートは一端ここで締め新しくページを作成します。
次回新ページ(屋根工事〜躯体工事篇)はもうすぐ、まもなくです
。・・・
お楽しみに

ここで皆様にお施主様から添え書きを頂きました。本当に照れますが興味ある方だけご覧頂けると幸いです。

・・・2004.02.16

お陰様で、躯体工事もほぼ終わり、一つの節目となりました。

そこで、私も今までの感想を述べておきたいと思います。

平成14年9月。

空創舎との出会いでした。

当時は、家造りを漠然と考えており、妻と一緒に住宅展示場を巡り、

いろいろな本、雑誌、TVを見て、勉強をしていた時でした。

大手メーカーの展示場は、どこも家が広すぎて狭い敷地の我が家としてリアリティーに欠けてましたし、

人工的な質感、大手メーカーの商売商売の臭い、ダイレクトメール、勧誘の電話・・・。

自分が心から欲しいと思える家が正直ありませんでした。

従って、自分がもっと家造りに参加でき、工夫のあるデザインしてもらおうと、

設計士探しを真剣に考え始めました。

やはり条件として、自分の家から近い設計事務所。

ネットで検索し、ホームページの内容、説明の詳細さから、ダントツ空創舎が目を引きました。

平成14年の9月に夏休みを取っていた自分は、初めて空創舎を訪れました。

空創舎は、小林さんがよくおっしゃるとおり、自宅兼事務所兼住宅展示場で、

初めて家の中に入ったとき、いろいろな驚き、快適さがあり、これが欲しい家だと直感し、

ここと設計監理をお任せするしかないと即断しました。(親父や妻には了解を得ていませんでしたが・・)

特に、真冬の寒い時期こそ、快適さの真価を発揮しておりました。

それから、妻や父と何度も空創舎に通い、プレゼンテーションを受け、

みんな一致して、小林さんの人柄や、家造りのセンスに賛同し、設計監理契約を結ぶに至りました。

狭い敷地に、難しい間取りなど様々な素人には見えない工夫がありました。

小林さんは、「人が住む家」を造るタイプの建築家だと思います。

住環境の「実」を厳密な計算の裏付を取りつつ、建築家の独善的ないやらしさが全くなく、

それでいて、建築家ならではのさりげないセンス、デザインがどこかに感じられる家でした。

しかし、驚きと満足はこれだけではなかったのです。

正直、自分は設計士というものが、ここまで打ち合わせに応じてくれるとは思っていませんでした。

そして、ここまで付き合ってくれる設計士さんは、そう多くないと思います。

自分は自分の意向を出し、要望・検討事項をたくさん挙げる、口うるさい客だと思います。

ゆえに、相当小林さんを悩ませ、時間をたくさん割かせたと思います。

良い家を作ろうと私は真剣です。

毎週のように事務所に通い、あるいはメールや電話で細かい打ち合わせを行ってきました。

住宅設備や、照明器具のショールームにも一緒に足を運んで、直接製品を確認したこと、4回です。

自分が投げたボールは必ず返してくれました。

素人ながらの、おそらくうんざりするような質問に対しても、一つ一つ明快に回答をいただきました。

しかも、嫌な顔をひとつせずです!

(小林さんの家の居心地が良いので、世間話をしに行って貴重な時間をお邪魔したことも。)

さらに興味深いのは、キャドの設計図面はもとより、仕様書、構造計算書(300頁ほど)、

そして現在どんどん郵送されてくる現場報告書の多さです。

なにも隠さないし、自分の描いた設計どおりの施工を監理していることを口だけでなく、

証拠として明示しております。

これは大変な作業だと思います。

これは施主に大変な安心を与えてくれます。

現場の大工さんから聞いた話です。

前にも小林さんの設計の家を手掛けた大工さんです。

「小林さんには本当にチェックが細かく、まいるよ。

でも、小林さんは、本当に家造りが好きなんだろうな、

家が建つと本当、あの人が一番嬉しそうな顔で喜んでいるんだから。」

小林さんは、「当然のことをしているだけと」とおっしゃいますが、

ここまで仕事をする設計士は、ほとんどいないのではと思います。

年間、数棟しか扱えないというのも、うなずけます。

誉めすぎかと思われるかもしれませんが、自分はお世辞は嫌いですし、言いません。

まずい料理は黙って食べますが、旨い料理は大声で旨い、という方です。

さて、小林さん、まだ竣工しておりません。

今後も楽しく家を作って行きましょう。よろしくお願いします。

 

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。