私の手作りホームページです。地味で申し訳ありませんがどうか楽しんでご覧頂ければ幸いです。・・・笑 平成26年からは業務履歴を除き新事例紹介は新HPにて公開させて頂きます。

  新ホームページはhttp://www.ku-so-sha.comへ。更にスマホ用HPhttp://www.ku-so-sha.com/sp1へ。 創業時の当該HPと合わせてお楽しみ下さい。(どちらも私の手作りです)

  今すぐ写真をクリック!お好きな実例(抜粋)に直接ジャンプ出来ます。
 施工例1YB邸2007
施工例2MZ邸2008 施工例LK美容室2008 施工例W邸2008 施工例M邸2005 施工例O邸2005 施工例O邸2005 施工例T内科医院2005 施工例M邸2005和室床の間 施工例O邸2005風呂 設計事務所 施工例T内科医院2005 施工例IM邸2009

   小さな事務所ですが、ゆえに、こまやかな配慮、創意工夫が信条です。心のこもった家創りで対応させて頂きます。
   
 独立して18年超、習熟した匠の技で感動の家創りからリフォームまでを納得の価格で実現致します。住まいを中心に93棟の実績で皆様のお越しをお待ち申し上げております。

     匠による設計・監理、高い性能と品質、細部にわたる配慮と気遣い、そして様々な工夫、アイディアによる家創りを実践できる設計事務所です。
   プロによる
徹底的なコスト監理、工夫により納得の価格を実現します。どうぞ安心してお問合せ下さい。  建築された皆様もお墨付きを与えて下さいます。
  
新築、改築、リノベーション(模様替え)、減築、他お気軽にお問合せ下さい。

  

 施工例I邸2003 施工例I邸2003洋室 施工例H邸2004リビング 施工例H邸2004モダン外観 施工例M邸2003洋風外観 施工例TM邸2006あらわし筋交 傾斜地、別荘 施工例OK邸2005寄棟 施工例2006事務所内観 施工例MZ邸2008旗竿敷地 施工例IG邸ピアノ防音室2007 施工例W邸2008和室高天井


ホーム
お問い合わせの皆様へ
事務所ご紹介ページ
目次・全編
目次・初めて編
目次・上級編
外断熱工法
セルロース断熱
構造計算
構造2次設計
地震の建物動揺
ビフォーアフター
ご相談方法
ご契約手順について
設計料について
監理業務について
土地からお探しの方へ
空創舎案内図

2005.07.17アップロード

2005.O邸現場日誌−1 構造編 O邸・設備内装編 O邸・外構編へ O邸・完成写真

特徴は・・・別荘のような広いデッキバルコニーと天井の高い明るく開放された広いリビングです。

構造は・・・RC地下ガレージ付木造軸組2階建て

特色は・・・トラス梁(合掌造り)による大スパンの無柱空間を実現しています。

 
まだ完成していませんが庭の植栽です。         リビングのトラス梁(合掌)

トラスの特徴は力学の基本の3つの力、引っ張り、圧縮、曲げ力が、この三角構造になると
曲げ力が無くなるという人類の偉大な発見によります。

図A

一般に上図のように梁の中央に集中荷重Pが掛かると部材は重みでたわみます。
言い換えると曲げモーメントを受けてたわむ、つまり曲げ力による変形を起こします。

図B

上図のような三角形で構成される部材に同様に荷重Pを掛けるとどうなるでしょうか。

荷重Pにより上図のように三角形が押し潰されるように変形します。そうするとどうでしょう
斜材Aはこの外力による全体変形のために圧縮され短くされようとなることがお解りになるでしょうか
斜材A自身は短くなるまいとして、押される端部を押し返します。(矢印の示す方向)
又、斜材Bは斜材Aにより伸ばされようとなりますね。その外力に対して斜材B自身は引っ張り返すわけです。

こうしてこのトラス部材は外力である下向きの荷重Pに対して各部材と同一方向の力-軸力(引っ張りと圧縮)
のみで対抗し、吊り合うことになるのです。曲げ変形はどこにも起きませんね。

つまりこの三角形を横に永遠と繋げていったら、どうなるでしょうか。
その通りです。あくまでも部材の軸力のみしか発生しないのです。
100m〜1000mと繋げてもこの部材は図Aのように下向きにたわむことがありません。

皆様がよく目にする鉄橋を初め、改めてご覧になるとこのトラス構造が色々な場所で利用されていることに
きっと気付かれると思いますよ。

それでは改めてご覧下さい。

  


CADパースによるリビングイメージ 実際は竣工写真にて・・・近日中アップ致します。

トラス構造の詳細を図示した図面を作成し、施工者と検討打合せを行います。

 

次にガレージRC工事について


地下RC部分はボックスカルバート構造といって耐力壁強度型により構造計算を行います。但し今回は
カーポートの為片側全面開口となり、地震による層せん断力に対しては計算上大きな偏芯が掛かるので
開口面をラーメン構造として、せん断抵抗力を上げて全体としてのバランスをとりました。

簡単に説明すると・・・壁式構造は壁が耐力壁となりますが、当然ガレージ入口側には壁が造れません。
均等にバランス良く壁が無いとどうなるでしょうか。・・・?

この建物は横方向に回転し大きくねじれることになりますね。但しRCなどの躯体強度は通常、
地震などの応力に対して大きく上回っている為、通常ではこのようなことは起こりません。
大地震にも確実に、と言う意味から、あくまでも構造計算上においても根拠正しく整合性をとる為
入口側開口部は四周とも、扁平の鉄筋コンクリートによる梁構造=ラーメン構造としています。
下赤矢印
 

 
D見事な打ち放し面に仕上げて頂きました。  

  
Cコンクリートの品質確認の為、テストピース採取やスランプ試験など様々な試験を行います。

 
B配筋検査は各組立工程ごとに詳細に行います。

  
ARC部は比重が大きく、大きな偏芯荷重が掛かる為、改良杭で支持します。

  
@地下部分の掘削工事については安全を期し、親杭横矢板工法にて土留めを行いました。
20tのラフターパイルマシンはさすがに迫力満点でした。

さいたまの設計事務所  Hiro 空創舎 一級建築士事務所  皆様のお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。